スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタンハイドレード次世代エネルギー資源

メタンハイドレード
天然ガスの変わりになる次世代のエネルギー資源

メタンハイドレードは、
マイナス130度ほどの低温で水分子とメタンガズの分子が結びついている
燃える氷とも言われている。
体積の160倍ものガスお含んでいる。

資源のない日本が資源国へ

メタンハイドレードは世界中の海底に分布しているが、
特に日本周辺の海底に多く分布している。
その量は、天然ガスにして日本の使用量の100年分に相当する。

愛知県渥美半島の沖合70キロの海域で採掘試験。

2004年に行われた事前調査では、
水深およそ1000メートルの海底から
さらに数百メートル下の地層の土を採取。
この泥の中にメタンハイドレードが含まれいた。
メタン分布
この海域だけで日本全体の天然ガスの使用量約14年分の量がある。

早くから存在が知られていたメタンハイドレード
利用に向けて大きな壁となっていたのが、
どうやってガスだけを取りだすかという問題。

2002年カナダ北部で地層ごとお湯で温める実験
メタンガスを採取出来たが、量が少なく効率が悪く
この方法では、商業化が難しいことが分かった。

圧力を変える方法
メタン採掘
メタンハイドレードを含む層に井戸を掘り、
井戸にたまった水をポンプで汲み上げる。
すると、井戸の周りの圧力が下がり、周囲の層から分解したメタンガスが井戸に流れ込む。
これをパイプで取りだす仕組み。
2008年のこの実験では、地層を温める方法より、格段に効率よくメタンガスを取りだすことが出来、
実用化に向けて道が開けた。

産業技術経営研究所
メタンハイドレード研究センター 成田英夫センター長
「エネルギー効率が高くて生産量もかなり期待ができる」

世界初の海での採掘試験
日本独自の技術を確立すれば、
エネルギーの自給率を高めるだけでなく、海外で資源の確保もしやすくなると指摘。

日本エネルギー経済研究所
兼清賢介 研究顧問
「技術を持って海外にでかけていくことで、日本が権益を持ったガス田を開発できる。
自前の技術をもっていることが手の届くガス田をもつことにつながる。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Solar1

Author:Solar1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。