スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解体現場

パワーショベル 油圧解体機

一か所に解体現場が終わるとはさみがゆがんだりする為
毎回修理に出していたが、
これは丈夫でその必要がない。
コスト的に全然違う。

坂戸工作所 千葉県千葉市花見川区 
77年 コンクリート解体機を開発
世界で初めて解体機を商品化した会社。

ベルリンの壁の解体でも活躍

他社が決して真似できない解体機
SRC工法の建物用 解体機 約1000万円
SRC工法は鉄筋コンクリートを鉄骨で補強
耐震性にすぐれているため多くのビルで採用されている。
が、解体作業は困難

秘密は坂田の使っている鋼材にある。
鉄鉱石の純度が高い スウェーデン鋼 強度は2倍で価格は3倍

硬すぎるため切断が難しい

技 水素ガスで水中で切るという大変特殊な方法
水素の炎で切断 → 熱 → 鉄板が柔らかく弱くなるが
水中で切断 → 冷却 → 強度を維持

水中で水素っ切断することで 強度を維持しつつ自在に加工する。

丈夫にして軽くするために 箱型が必要
はさみのつけねにあたる部分 実は中が空洞=箱型になっている。

多くの面 → 力を分散 → 強度アップ

坂田の製品は他社より2割ほど高い
耐久性は抜群。

東日本大震災でも活躍

頑張ろう日本
がんばろう東北
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Solar1

Author:Solar1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。